© 2015 AN-Entertainment.Inc

伝統芸能の公演チラシなど作成ならデザインから印刷までチラシ印刷劇場

ソーシャルメディア:

  • YouTube - Black Circle
  • YouTube Social  Icon
  • w-facebook
  • Twitter Clean

ビデオ講座 ​Video Lecture

〜伝統芸能を学ぼう〜 Let's Learn Japanese traditional arts

日本舞踊講座 Japanese Traditional Dance Lecture​

Lesson 1   Before you start a Japanese dance 

宗山流 胡蝶 Muneyamaryu Kocho

​​

1965年浅草生まれ。幼少より藤間流の日本舞踊を稽古。昭和56年、初のリサイタル公演にて「椿姫」上演。昭和59年4月、国立劇場歌舞伎俳優養成所第八期生として入学。昭和61年2月卒業1ヶ月前に自ら退学、舞踊、芝居、ショーステージにと活動の幅を広げ、新日本舞踊への道に進路を定める。平成8年、創作新日本舞踊「宗山流」を創流。同年12月、日本創作舞踊振興会「北の蛍」にて大賞受賞。平成17年5月、明治座にて創流十周年記念興行「宗山会」開催。宗山流家元として門弟の育成はもとより、舞踊家の構成、振り付けを手がけるほか、リサイタル、ディナーショーなど幅広く出演。

和太鼓講座 Taiko Lecture

Lesson 1   Before you start a Japanese drums 

響道宴  Hibiki Touen

演出家の松永良男太氏に師事し、舞台人の基礎を学んだ後和太鼓グループのリーダーとして活動。プロとして活動するべく太鼓集団「鼓童」に入座して国内外のツアーに参加した後、1995年にソリストとしての活動を開始。公演・CDのリリースなど太鼓のソロ活動を積極的に行う傍ら、陶芸家・舞踏家・シンセサイザーなど異種表現者とのコラボレーションも行い、近年は和太鼓・尺八・津軽三味線のユニット「和三BOM」も始動し、「やみつき者」を増やしている。創造的でチャレンジ精神旺盛な姿勢と、豊かな感性、確かなテクニックで和太鼓 の音楽的な可能性や表現を追及しているソリストである。